メニュー

精神部会

精神部会とは

 精神部会の成り立ち

精神部会は、平成26年度より中区障害者自立支援協議会の部会の一つとして位置づけられました。それ以前は中区福祉保健センターが主催する関係機関連絡会として年1回開催されていましたが、精神関連の機関だけで60団体を超えてしまっていた現状があり、より充実した会議の場として自立支援協議会の『精神部会』が立ち上がりました。

主な活動

年に数回コアなメンバーが集まり、精神障害に関連する施設や機関が日常の利用者支援に役立てることが出来るよう講演会や勉強会、見学会、交流会など、年間の計画を立てています。主に困難ケースの事例検討、見学会(精神関連支援施設・精神科医療施設・グループホーム等)、講演会(引きこもり・パーソナリティ障害等)平成29年度においては、寿町の実態と支援の現状について、また中区内の精神関連機関相互の連携を図る目的で交流会を実施しました。12月には、東京都医学総合研究所の糸川先生をお招きし、『人はなぜ病を得るのか?』と題して、精神の病、障害を根本的に勉強し直そうという研修(講演会)を企画しています。

コアメンバー              

  • 家族会:みなと会(部会長)
  • 医療系:青山会関内メンタルクリニック・ワシン坂病院
  • 地域作業所:はだしの邑
  • 就労継続:百合の樹・ギッフェリ
  • 就労支援:ウェルビー
  • グループホーム:GH見晴・アルク

部会事務局                   

  • 中区生活支援センター
  • 中区基幹相談支援センター
  • 中区役所

平成30年9月7日 研修&交流会

3つのテーマに分かれてデスカッション、そして発表。

どのテーマも盛り上がり、横のつながりへの第一歩となりました。

 

 

 

 

 

 

 

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME